So-net無料ブログ作成

「玻」の人名使用認めず=両親の申し立て退ける−最高裁(時事通信)

 「玻(は)」の漢字を名前に付けた次女の出生届を名古屋市が受理しなかったのを不服とした両親の申し立てについて、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は7日付で、訴えを退ける決定をした。
 同小法廷は「『玻』の字が、社会通念上明らかに常用平易な文字であるとはいえないとした高裁の判断は正当」とした。
 両親は2008年12月、次女に「玻南(はな)」と名付け、名古屋市に出生届を提出したが、戸籍法で定めた文字でないとして受理されなかった。 

<橋田賞>連続ドラマ「JIN−仁−」など受賞(毎日新聞)
「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置−警視庁(時事通信)
<死傷事故裁判>刑猶予に異例の控訴…被害者陳情、実を結ぶ(毎日新聞)
遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件−金沢(時事通信)
「ラピュタ」で起床=「頑張っていきたい」−山崎さんの目覚ましコール(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。